メンヘラ清楚系ビッチ女子大生の日記

日々あったこと、感じたことなど自由に綴ります。

ブログタイトルを変えた。

恋愛依存症女子大生の日記ってタイトルだったが、

この夏休み、私は狂ってしまいそんなレベルではなくなったので、

メンヘラであり、清楚系ビッチであるためメンヘラ清楚系ビッチ女子大生の日記というタイトルに変えた。

 

いや、長すぎるだろ笑笑

 

どうして私はこんなにも男を見下しているのだろうか。

 

なぜそんな見下してるような男の相手をして、なぜ最後には傷つくのだろうか。

 

結果、自分を見下してるのだろうか。

 

 

彼氏が最近優しくなりました。

放置はされているかもしれないが、

自分から連絡をすれば優しく返してくれる。

 

電話をすれば出てくれる。

長い時間付き合ってくれる。

 

優しい声で名前を呼んでくれる。

大好きと気持ちのこもった口調で伝えてくれる。

 

今、私は満たされている。

幸せだ。

 

これが誕生日まで続けばいいのだが。

 

誕生日、

夕方から彼が家に来ることになった。

実家で、家族全員+彼氏で夕食を食べ、ケーキを食べてお祝いをしてくれることになった。

 

完全にノリでそうなったが私はとても嬉しい。

 

毎年毎年憂鬱な誕生日が、

こんなにも楽しみになるなんて。

 

彼氏は、「緊張するけど行きたい」と言ってくれた。

 

素直に嬉しかった。

 

そんな風に言ってくれるとは思っていなかった。

面倒くさい、と言うと思っていた。

 

プレゼント等は期待していないが、一緒に過ごせることが幸せだ。

 

その光景が珍しすぎて楽しいだろう。

 

面白いだろう。

 

面白いことが大好きな私にとってそういう緊張感は大好物だ。

 

楽しみ。

 

彼氏が最近構ってくれた途端、彼が構ってくれなかった時に構ってくれていたお兄さんたちに対して雑な態度をとるようになってしまった。

 

正直もうどうでもいい。

ただ、寂しさの埋め合わせだし暇つぶしだったからだ。

 

今の私には必要はない。

 

まだお兄さんは目標を達成していないから追いかけて来る。

 

目標を達成したら離れるくせに笑

 

もう、ポイッてしてしまいたいが、

なかなかそれが難しい。

 

そういうことが苦手だ。

 

家が近いのもやはりデメリットだった。

 

私はセックスが好きなわけではない。

 

キスも、彼氏との相性が良すぎるため他の人とすると気分が悪くなる。

好きじゃない相手とのキスほど不快な気持ちになるものはないのではないだろうか。

 

好きな人以外とキスはできなくはないが、極力したくない。

 

早く彼としたいなと心の底から思いながらするキスなんか、これっぽっちも良くない。

 

私が1番きらいなキスの仕方は、

口を大きく開けてベロベロされるキスだ。

案外そういうキスをする男の人は多い。

 

口の周りがよだれだらけになる。

汚い。

 

彼氏は本当にキスが上手い。

好きな仕方だ。

とても気持ちがいい。

私がキスだけで満足してしまうくらいだ。

それも手放せない理由の1つになっている。

 

 

彼氏がこのままでいてくれればいいが、きっとそうはいかない。

その時のためにお兄さんをストックしている私。

やっぱりメンヘラ清楚系ビッチだ。

 

とりあえずビッチの部分だけでもなくしたいなと思う。

 

でも経験人数2桁もいってないからビッチではないかも…

 

ビッチの定義って何??

 

わからない。

 

 

まあ見た目からはこんな感じの女ってわかりませんよね。

 

みんな騙される。

 

私なんかに騙されて、清楚だと思って近づく男はダメです。

 

彼氏は騙されませんよ笑

私のこと清楚だと思ったことないらしいから。

 

 

そういう男でないと私はダメだと思う。

 

私に騙されるなんてダメ。

 

 

まあ、自分で騙しにいってるんですけどね(笑)

 

悪い女になりましたね、

 

まだ子どもだから許して。

 

もうすぐ大人になっちゃうよ。

 

変わらなければ。

 

 

帰ろう。