恋愛依存症女子大生の日記

日々あったこと、感じたことなど自由に綴ります。

夏バテのせいにしよう

どうやら、ここ最近の私のおかしな言動は夏バテのせいだったらしい。

そういうことにしたい。

夏の暑さにやられていたのだろう。

最近涼しくなったからようやく冷めてきた。

 

(ここから先はツイッターの延長のようにだらだらと思っていることを綴るだけなので時間を無駄にしたくない方は読まないことをお勧めします。)

 

ずっとあこがれていた人に接触できて舞い上がってしまった。

度を超えてしまったと思う。

反省しなくてはならない。

 

彼に「セックスしたくなったら誘って」と言われた。

そうか、そういう関係か。

それならただのクラスメイトのほうがましだと思った。

いろいろなところがタイプだしものすごくそそられるのは間違いないが、

そして絶対に快楽としてはいいとは思うが、

違う。

私が彼に求めていることはそんなことじゃない。

なんだか恥ずかしい気持ちと同時に虚しくなった。

 

そして、そんなぎりぎり(アウトかもしれない)の会話を楽しんでいた自分が恥ずかしくなった。

彼にとっての私はその程度なのだ。

ツイッターの貢いでくれるフォロワー(ファン)の一人なのだ。

通話しようと呟けば、彼にはたくさんの声がかかる。

私に順番が回ってくることはない。

 

私が大切にするべきものは、夢中になるものは、幸せになれることは

それじゃないということをようやく思い出した。

数日かかった。

 

快楽やお金で得られない幸せはたくさんあると思う。

きれいごとみたいだし、なに臭いこと言ってんのって感じだが、

誰一人私を理解している人がいないこの世の中で、

理解しようと、受け止めてくれようと、しかし深く詮索はしてこない優しさを持つ人がいることを忘れていた。

 

そのありがたみも忘れていた。

 

新しい刺激を求めてしまった私は人間というより動物なのだろう。

理性というものをしっているのだろうか。

 

「魔が差した」そう言って不倫を語る大人がいた。

 

そんな世の中だ。

 

私は小さいころから夢見心地な女の子で、世の中に対して多くの希望や期待を持っている子どもだった。

それが成長とともに裏切られ、崩れ、その世にふさわしい人間になってしまったのだろうか。

 

じゃあ、私も言ってみるとしよう

 

「魔が差しました。」

 

浮気は繰り返すっていうけどその通りなんだろうなあ。

 

後悔しているけれど、この数日で久々にときめくことができ

片思いの楽しさを思い出し、ドキドキ、キュンキュンすることができた。

 

やはり、私は、私なんかに夢中にならないような人を見る目がある人が好きだ。

ひねくれていると思われるだろうか。

 

ただ、誰かに見ていてほしいし私を知ってほしいとも思う。

 

そう。いろんなことが、いろんな感情が矛盾している。

 

どれも本当の気持ちなのだろうが、私には私の気持ちなど到底理解できないし理解したくない。

 

 

そう自分で自分を客観視して、否定してもまだあこがれの彼からの連絡を期待する私の心理はどのようなものなのだろうか。

 

恋心だろうか。

 

それだけはもしそうだとしても否定したい。

そして、もしそうならできるだけ早く消し去りたい。

私がそうしたいのだ。

 

優しくて絶対に怒らない、私を決して否定せずいつも見守っていてくれる。

そんな彼を物足りないと思ってしまっているのはきっと事実だ。

自分が恋愛に刺激を求めるタイプなのも分かっている。

 

ただ、この一年以上の時間、精神面で彼に支えられ、家庭に居場所のない私の居場所となってくれた人だから、

刺激だけのために手放せない。

そんな簡単なものではない。

 

これからも彼氏は、

「デートプランは考えない」「選択肢を与えてもどっちでもいい」「プレゼントを一人で選ぶのが困難」「日ごろ何をしているのかを明かさない」「連絡がマメではない」「束縛や詮索はしないから俺のこともしないで」

 

そのままかもしれない。

もしかすると、私がデートプランや場所を決め、予約をすることに疲れ果て、彼女なのかと不安になり、詮索されないことにより自分への興味がないのだと落ち込み

 

すべてが嫌になるかもしれない。

 

きっと彼は引き止めさえしない。

 

そういう人だ。私が二年愛している人はそういう人なのだ。

 

もし嫌になったら、その時しっかりと終わらせて遊べばいい。

 

そしたらTinderでもはじめて男の人と遊べばいい。

 

もうパパ活には絶対に足を踏み入れないと誓った。

今はまだ思い出すだけでも涙が出てくる。

ブログのネタにしたが、実は結構傷ついていたらしく、今日突然涙が止まらなくなった。

 

最近は刺激を求めすぎたかな、、、疲れたね。

 

平和で平凡で刺激のないそんな日常にまたすぐに飽き飽きするだろう。

 

他の対処法を探しています、何かないでしょうか。

 

長々と書いてしまった。

 

つまらないブログになってしまった、

まあいいや

ただの自己満なんだから。

 

深夜バイトをしている彼にバイト帰りの早朝に電話をかけてくれるように頼んだので早く寝ることにしよう。

一週間ぶりに彼の声が聞けると思うと本当にうれしい。

遠距離じゃないのになんだろこの距離は。

まあいいや考えない、寝よう。

 

今度は風邪をひいてまたゆらゆら、ゆらゆら、しないようにお布団をかけてねよう。