読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドジだから悪女じゃない。

憧れの人の真似をしてブログを始めてみた。

私が悪女と言われる理由。

悪女って、菜々緒がよく演じている役柄みたいなことを言うんだよね?

そう考えると私は全く悪女じゃないと思う。

根はめちゃくちゃいい子だから(自分で言っちゃう)

 

きっと計算高いところが悪女と言われる理由なのかな。

 

何をしたら、

どういう反応をしたら、

どんな表情をしたら、

何を言ったら、

喜んでもらえるか。

それを常に考えて、行動している。

 

一年以上続けてきたから、最近は癖になって無意識になりつつある。

 

一時期自分を作るのに疲れていた時期もあったけど今はもう慣れた。

(あ、自分を作って演じるのは疲れるからオススメしません。)

 

でも、演じちゃうのも

人から好かれたい、嫌われたくない、少しでもよく思われたいっていう性格が原因だし

 

まあ結局ぶりっ子なんだろね笑

 

あとは、

 

平気で嘘をつくところ。

 

1番の理由はこれかもなあ。

 

傷つけないために、

嫌な気持ちにさせないために、

 

平気で嘘をついている。

 

バレていなければいいんだけれど

嘘をつくのが究極に下手なので全てバレている模様。

 

本当たち悪い、、、、。

 

ああなんて可哀想な彼氏なんだ。

 

きっと私の友達はよく思うだろう。

 

できるだけ嘘をつかないように自分の行動に責任を持とうと思う。

 

思うだけで行動に移せるかどうかは微妙だけれど(笑)

 

こんないい加減なやつだから悪女ではないよ笑笑

 

Music FMから楽曲ジッパーをシェアしました。タップして聴きましょう。 http://www.imusics.net/share/play/?sid=76996FA3B1949D9D1F9BE02F29AE49E3

ジッパー /NMB48

 

これNMB48で好きな曲ランキング上位の曲。

 

朝急いで走りながらよく聞いてる。

 

 

 

彼氏に冷められつつあるときにしてはいけないこと、その他。

これは私の体験から学んだことである。

 

まず、一番言ってはいけないセリフ。

「私のこと本当に好き?」

これは有名なNGセリフ。

冷めつつある or 冷めているときはそっとしておくのが一番良かったりする。

 

その時期にしつこく連絡したり、不安がったりすると、

前は可愛く思えていたものがとても重く感じてしまうから、まあ不思議である。

 

わかっていながら重くしてしまうのが女子だ。

 

 

次に、

嫉妬させようとする。

 

男の影をチラつかせて少し焦らせようとするという行為。

これは非常に危険。

冷めつつあるときにそんな行動をされると、なんだかどうでもいいやというような気持ちになるらしい。

 

 

重いのはいけないが、一途なことは大事らしい。

 

 

めんどくさいな。

 

あと、

連絡を減らしてみる。

そっけなくしてみる。

 

これもまた問題だ。

 

(あれ、こいつも冷めてるのかな?)

 

そう思われる。

 

じゃあもういいや、

そうなってしまう。

 

 

これらは私の経験から学んだことであり、自論でしかないが、

だいたいこれで破局へまっしぐらだ。

 

いいやつだけど恋愛対象じゃなくなった。

 

そうやって振られるパターンだ。

 

非常に避けたい。

 

もう少しで一年記念日という私、今回は持ち越せるだろうか。

 

不安でしかない。

 

そして、いざとなるとまた同じ過ちを繰り返す。学習しないニワトリだ。

ニワトリに失礼だ。

 

 

「復縁したいなら振られたときにしてはいけない行動」もいずれかまとめたいと思う。

 

 

汚い文章で申し訳ない。

眠い。

毎日5時間睡眠。

6時間は寝たい。

眠る。

 

 

あ、今日のオススメソング。

熱帯夜

熱帯夜

 

 

この季節が過ぎて

 

日焼けの跡が消えたら

 

なんだか一緒には

 

いられなくなりそうで 

 

 

 

夏の夜に聴きたくなる曲。

今の季節ではないけどこういう心境なので笑

 

おやすみ。

 

 

 

 

戻りたい日

リバースだっけ、、

なんか藤原竜也のドラマ。

あれの冒頭のセリフで考えさせられた。

誰しも戻りたい日があるだろう。

あるかもしれない。

とても楽しかった時間。

いまではさらに美化された時間。

戻りたい反面、

戻ってしまったら今の方が幸せだったことに気づいてしまうようで

記憶を美化していたことに気づいてしまいそうでこわい。

今が一番幸せ。
そうは言い切れない。


過去より今の私はいろんなことを考えるようになった。

今の私は、前ほど単純に生きていない。

複雑になったぶん、生きづらくなった。

いま。だけを見て考えると幸せなのかもしれない。

美化した過去を見てしまうと、比べてしまうと、ああ、戻りたいな。そう思う。


後悔していることたくさんある。

あの時あんなことをしていなければ。

あの時あんなことを言わなければ。

今が違っていたかもしれない。


そう思う。


でも、今の人生とは違っていたのかもしれないと考えるとものすごく怖い。


何が言いたいのかわからない。


人の感情は簡単に言葉に表せるものではないと私は思う。

複雑だ。

カウンセラーに、
今どんな気持ち?

と聞かれた時、

私は、

どんな気持ち?って質問する気持ちを知りたいと思った。

なぜそんな質問をするのかその意図を知りたくなった。

バーーッと泣きながら言いたいことを発散した後の私に、

今どんな気持ち?


って。


この人はどんな答えを求めているのだろう。

そう考えてしまった。

相手が求めている答えを出したくなるのが私なんです。


さっきよりなんだかスッキリしました。楽になりました。

そう言った。


実際にスッキリしたのか楽になったのかはよくわからない。意識していないから。

ただ、カウンセラーさんは満足げな顔をしたのできっと合っていたのだろう。


人の気持ちばかりよまないで、
もう少し自分の気持ちを見てあげよう。


もっと自分のことを考える時間を作ろう。

自分を大切に思えるようになろう。


それはいつも思っていること。

この目標を掲げてから、5年経つ。


何も変われていない気がして、悲しくなる。


そう、だから私は自分のことを考えないように毎日過ごしている。


ただ自分という存在から逃げ続けている。

もうそろそろ限界。

向き合う時なんだと思う。


終わらなくなりそうだからこれで終わりにする。


閃光少女

閃光少女


今日いまが確かなら万事快調よ。



そう思えるようになりましょう〜〜

めんどっちぃ〜〜

最近の私の口癖です。

口にしてないときが多いけど、口癖です。

だって、
めんどっちぃ〜〜なんていつも言ってたら嫌なやつでしょ?

だから思ってるだけ。

たまに口に出ちゃって、あっ(笑)ってなる。

なんかいろんなことが面倒くさく思えてしまう。

サークルに入るのもやめた。

勉強とバイトだけでいっぱいいっぱいなんです。

バイト三連敗してた私、ついに受かりました。
某珈琲店。

めんどっちぃなんて思ってられないですね。

しっかりしなくては。

私はきちんとした夢を持って、
将来のビジョンを持って大学生活を送っているため、授業はとてつもなく楽しいが、

アルバイトを楽しいと思ってできるほど前向きではない気がする。

忙しいのが大嫌いな私に、あんなに忙しい仕事ができるのだろうか。

まあお金は生活に必要だからやるしかないんだが。

社会勉強としても、自分のダメなところを再確認して、また成長することができたらと思う。



ここでスクールカウンセラーさんが言っていた言葉。

人は、変わりたくない生き物で、現状維持現状維持って思うものなの。

でも、あなたは変わりたい変わりたいと常に思っているのね。それはすごく人にとってはストレスなの。
でもとても素敵なことではあるね。


結論なにが言いたかったのかあまりわからなかった。私がバカだから。

常に変わろうとして自分にダメ出ししている私を肯定してくれようとしたのだろう。


カウンセリングに通わないと本音を言えないという面倒臭い性格なため、
これから毎週通ってみる。


いつもは元気ぶっている隠れメンヘラである私とスクールカウンセラーとの会話をたまにここに記すと思う。

まあ誰も読んでいないけれど笑


あ、今日のオススメソングね。
うーん。



PIT-A-PAT

PIT-A-PAT


KPOPもよく聞く、幅広い趣味の私です。

歌詞よりメロディ重視です。

悪魔と天使

1度だけなら。
生活に少し刺激が欲しいだけ。
恋愛感情はないし。

と悪魔。


1度だけって言い切れる?
刺激ってそんなに大事?
恋愛感情なくてもそれを知ったらどんな顔すると思う?
どんな気持ちになると思う?

と天使。


私の中でいま2人が闘っている。


自分の中の悪魔にいままでは勝ってきた。

今回ばかりはかなり危ない。


新しい生活、新しい環境、
誘惑が多すぎる。


こういうところがクズなんだろうなあ。


題名変えようかな、


悪女じゃなくてただのクズ。
にしようかな笑


一度間違えてしまうと、ずっとそれが自分の中に罪悪感として残る気がする。

その状態で今まで通り彼と接する自信がない。

本当に大切な彼をそんな方法で傷つけてはいけない。


そんなことで失ってはいけない。


そしてこのブログは公開してはいけない。


まあ公開するんですけどね。笑


後悔もするかな。


でも、それでいい。

こんなこと2度と考えないように、

私のことを心から信じてくれている彼を裏切らないように、


たくさん後悔すればいい。



サカナの心

サカナの心


このピアノのメロディすごく好き。


ただ歌うのは困難笑


ゲスの極みにならないように気をつけましょう。
川谷さんの世界観とても好きです。

不倫は否定もしないし肯定もしない。

否定できるほど綺麗な人間ではないし、

肯定できるほど寛容でもない。


あー文章まとまらない。


考えるのやめた、
天使と悪魔、今日は寝てください。

また明日。また明日考える。

未来の約束

私は未来の話があまり好きではない。

むしろ嫌いに近い。


なんで確信のない未来の話をするんだろう

なんで守れるかわからない約束をするんだろう


私はそれを信じ切って、
それが守られなかったとき

ひどくひどく傷つく。

それが怖くて、
守れない約束はしないようにしてきた。


未来の約束は信じないようにしてきた。

でもいままた信じてしまっている。

また裏切られるんじゃないか、
そう思う気持ちよりも

この人ならもしかしたら守ってくれるんじゃないか。
この人になら傷つけられてもいいかもしれない。

そういう気持ちの方が大きくなったから

だから

私は少しは変われたかもしれない。


少しずつだけどまた前の私に戻れているかもしれない。


とか、すごく漠然とした話をしたくなった。



サボり癖がすごい
日記は書かないとか言っておきながら
日記と化している気がする。


じゃあ今日のおすすめソング。

Music FMから楽曲這い上がれ my wayをシェアしました。タップして聴きましょう。 http://www.imusics.net/share/play/?sid=C4BF233C80E3A33DF3E275312F4E960A


このアプリ多分ダメなやつ…
そこは許して笑

阿部真央熱唱しちゃう重い系女子です。

振られる振られる症候群

3年前に大きな失恋をした。

初めて付き合った彼
10ヶ月を迎えた10日後だった。

1週間前にはデートをした。
アナと雪の女王を見た。

高校別々だけどよろしくね
と言われて、

それまではいずれかは別れると思っていた私も、彼を信じるようになった。

ちょうどその頃だった。

突然、29日の夕方ごろに
いま話せるかと聞かれ、
嬉しくなって舞い上がったら

突然振られた。


恋愛対象に見れなくなった、と。

ショックだった。

ショックとしか言えないような感情で
もう何が何だかわからなくなった。

外なのに泣いてしまった。

そう、私は重い。
彼に依存していた。
生活の中心が彼で、
自分の中のすべてが彼になっていた。

きっとそれが負担になっていたのかなと今は思う。

ただ当時は何がダメだったのかわからず
なんどもなんども復縁を迫った。

それが逆効果なことも、
しばらく経ってから経験とともに知った。


何もわからなかった高校入学前、

私は空っぽになるまで泣いた。


そんな日から3年経つ。

私は変われただろうか。


未だに、
今の彼がすこし素っ気ないだけで

ああ、振られるのかな。
なんて考えてしまう。

これは彼にはとても失礼なことだと思う。

信じることができない。

いや、実は信じているのかもしれない。

信じちゃってるのかもしれない。


自分を守るために保険をかけているのかもしれない。

もう傷つきたくない、そんな風に思ってきた。
でも気づくとまた人を好きになって信じて、何度も同じことを繰り返す。

きっとあの時よりは強くなれたと思う。


ただこの日だけは、嫌なことを思い出す。

彼の言葉も景色も感情も
全部覚えている。

嫌なほど覚えている。

忘れたくても忘れられない。

まだ好きとかそんな簡単なことじゃない。

恋愛感情なんてもうとっくに消えている

トラウマだと思う。

すぐ不安になって、
振られる振られる

また振られる

どうせまた同じことになる。

そうやって1人で被害妄想を繰り広げる。


ああ、私が振られる理由はこういう性格だからなのかな。

もっと夢中になれるものを他に見つけて、
何かに向かって努力して、

自分自身の人生を楽しんで、
自分の時間を充実させて、

そんな自立した女になれたら

もう振られる振られる症候群を発症しないのかもしれない。


そんなことを思った29日の前夜です。


嫌なことを思い出さないように明日は旅行を楽しんでくる。

今の彼は3年前の彼とは違う。


傷ついてもいい。信じてみよう。

おやすみ


花

いつでもそばにいるような女より

いつかどこかへ行っちゃうような
そんな女がいいのでしょう


そういう女になりたかったけど、
まだまだ私には無理そうだ。