恋愛依存症女子大生の日記

日々あったこと、感じたことなど自由に綴ります。

するべきではない失恋

失恋をしました。

恋だったのかわからないけれど。

 

私はあこがれの彼の数多いデートをする相手にはなりたくなかった。

毎日変わる夜電話する相手になりたくなかった。

彼のセフレにはなりたくなかった。

 

なれない。

 

なってはいけない。

 

彼がほかの女の子とデートをし、セックスをしていても何か言える立場でも、嫉妬できるような立場でもない。

自分の中に嫉妬のような悲しく虚しい気持ちがあることに気づいてとても驚いた。

恋だったのかもしれない。

 

しかし、これからの自分のことを考えると、いまの幸せを考えると消すべきだなと思った。

この感情は消すことにした。

そんな簡単なことではないかもしれないが、会わないし連絡もしなければ自然に消えていくような気がする。

 

私には邪魔な気持ちだ。

 

ただ、私は彼にとって猫以下なのではないかと思いとても悲しくなった。

 

私が冗談で彼に贈ったゴムを彼は知らない女の子と使った。

ありがとうとお礼を言われた。

僕はいつでも暇ですよとお誘いも受けた。

 

悲しかった。

悲しくなってはいけないのに。

 

彼氏に興味を持たれず、放置され悲しいときにタイミングよくあこがれている彼との接触があり、心が躍った、

 

ただそれだけのことなのかもしれない。

 

今の彼との関係を終わらせるべきなのかもしれない。

もうここからそう長くないことは私も分かっている。

 

まだその勇気も出ないし、今の彼をもう少しかわいがりたいのだ。

 

この貴重な若い時間を無駄にはできないので先が見えなくなった瞬間に行動は起こそうと決めた。

もたもたしていられない。

 

そして恋愛依存をやめる。

 

何かに依存するのをやめたい。

それは不可能なのだろうか。

 

依存するではなく、夢中になる何かを見つけられればいいのか。

 

そんなことを考えながら、友人に頼まれた耳コピをしていた。

 

もうこの曲は飽きたよ。

 

クリープハイプが聞きたい気分だったので、

失恋の気分に浸りながら、

感傷に浸りながら、

クリープを聞いてこのブログを書いている。

 

自分の今の思いを文字に起こすだけですごくスッキリする。

 

彼氏がいるくせに失恋をしている哀れで頭の悪い女の日記です。

誰も読まないだろうと書いているが、誰かに読んでほしいとも思っているので私はやはり難しい。

 

自分自身が自分を理解できないのに、他人に理解してもらおうなんて無茶な話だ。

 

 

今はとにかく愛がほしい。

愛情がほしい。

 

誰かに甘やかされたい。

優しく頭をなでてほしい。

優しく包んで安心させてほしい。

 

そんなさみしい気持ちでいっぱいなのだ。

 

本当は彼にそうしてほしいのかもしれない。

 

何の予定が入っているのかわからないが忙しそうな彼にはこの感情を伝えることはできない。

きっと今以上に彼が離れて行ってしまう気がして怖いのだろう。

 

 

そうやって我慢するのが正しいわけがない。

 

私自身が彼に適応するように変わるか、

私に適応できる人を探すかだ。

 

彼には変わってほしいとは思わない。

 

そのままの彼でいてほしい。

 

それが彼の魅力でも個性でもあるから。

 

そのままでいて。

 

 

もうだめ、まとまらないけれど眠い。

 

おやすみなさい。

 

 

 

 f:id:mi_o8150126:20170815023715j:image

ああ、彼の手のひらに顔を埋める猫になりたかったな。

 

 

 

 

夏バテのせいにしよう

どうやら、ここ最近の私のおかしな言動は夏バテのせいだったらしい。

そういうことにしたい。

夏の暑さにやられていたのだろう。

最近涼しくなったからようやく冷めてきた。

 

(ここから先はツイッターの延長のようにだらだらと思っていることを綴るだけなので時間を無駄にしたくない方は読まないことをお勧めします。)

 

ずっとあこがれていた人に接触できて舞い上がってしまった。

度を超えてしまったと思う。

反省しなくてはならない。

 

彼に「セックスしたくなったら誘って」と言われた。

そうか、そういう関係か。

それならただのクラスメイトのほうがましだと思った。

いろいろなところがタイプだしものすごくそそられるのは間違いないが、

そして絶対に快楽としてはいいとは思うが、

違う。

私が彼に求めていることはそんなことじゃない。

なんだか恥ずかしい気持ちと同時に虚しくなった。

 

そして、そんなぎりぎり(アウトかもしれない)の会話を楽しんでいた自分が恥ずかしくなった。

彼にとっての私はその程度なのだ。

ツイッターの貢いでくれるフォロワー(ファン)の一人なのだ。

通話しようと呟けば、彼にはたくさんの声がかかる。

私に順番が回ってくることはない。

 

私が大切にするべきものは、夢中になるものは、幸せになれることは

それじゃないということをようやく思い出した。

数日かかった。

 

快楽やお金で得られない幸せはたくさんあると思う。

きれいごとみたいだし、なに臭いこと言ってんのって感じだが、

誰一人私を理解している人がいないこの世の中で、

理解しようと、受け止めてくれようと、しかし深く詮索はしてこない優しさを持つ人がいることを忘れていた。

 

そのありがたみも忘れていた。

 

新しい刺激を求めてしまった私は人間というより動物なのだろう。

理性というものをしっているのだろうか。

 

「魔が差した」そう言って不倫を語る大人がいた。

 

そんな世の中だ。

 

私は小さいころから夢見心地な女の子で、世の中に対して多くの希望や期待を持っている子どもだった。

それが成長とともに裏切られ、崩れ、その世にふさわしい人間になってしまったのだろうか。

 

じゃあ、私も言ってみるとしよう

 

「魔が差しました。」

 

浮気は繰り返すっていうけどその通りなんだろうなあ。

 

後悔しているけれど、この数日で久々にときめくことができ

片思いの楽しさを思い出し、ドキドキ、キュンキュンすることができた。

 

やはり、私は、私なんかに夢中にならないような人を見る目がある人が好きだ。

ひねくれていると思われるだろうか。

 

ただ、誰かに見ていてほしいし私を知ってほしいとも思う。

 

そう。いろんなことが、いろんな感情が矛盾している。

 

どれも本当の気持ちなのだろうが、私には私の気持ちなど到底理解できないし理解したくない。

 

 

そう自分で自分を客観視して、否定してもまだあこがれの彼からの連絡を期待する私の心理はどのようなものなのだろうか。

 

恋心だろうか。

 

それだけはもしそうだとしても否定したい。

そして、もしそうならできるだけ早く消し去りたい。

私がそうしたいのだ。

 

優しくて絶対に怒らない、私を決して否定せずいつも見守っていてくれる。

そんな彼を物足りないと思ってしまっているのはきっと事実だ。

自分が恋愛に刺激を求めるタイプなのも分かっている。

 

ただ、この一年以上の時間、精神面で彼に支えられ、家庭に居場所のない私の居場所となってくれた人だから、

刺激だけのために手放せない。

そんな簡単なものではない。

 

これからも彼氏は、

「デートプランは考えない」「選択肢を与えてもどっちでもいい」「プレゼントを一人で選ぶのが困難」「日ごろ何をしているのかを明かさない」「連絡がマメではない」「束縛や詮索はしないから俺のこともしないで」

 

そのままかもしれない。

もしかすると、私がデートプランや場所を決め、予約をすることに疲れ果て、彼女なのかと不安になり、詮索されないことにより自分への興味がないのだと落ち込み

 

すべてが嫌になるかもしれない。

 

きっと彼は引き止めさえしない。

 

そういう人だ。私が二年愛している人はそういう人なのだ。

 

もし嫌になったら、その時しっかりと終わらせて遊べばいい。

 

そしたらTinderでもはじめて男の人と遊べばいい。

 

もうパパ活には絶対に足を踏み入れないと誓った。

今はまだ思い出すだけでも涙が出てくる。

ブログのネタにしたが、実は結構傷ついていたらしく、今日突然涙が止まらなくなった。

 

最近は刺激を求めすぎたかな、、、疲れたね。

 

平和で平凡で刺激のないそんな日常にまたすぐに飽き飽きするだろう。

 

他の対処法を探しています、何かないでしょうか。

 

長々と書いてしまった。

 

つまらないブログになってしまった、

まあいいや

ただの自己満なんだから。

 

深夜バイトをしている彼にバイト帰りの早朝に電話をかけてくれるように頼んだので早く寝ることにしよう。

一週間ぶりに彼の声が聞けると思うと本当にうれしい。

遠距離じゃないのになんだろこの距離は。

まあいいや考えない、寝よう。

 

今度は風邪をひいてまたゆらゆら、ゆらゆら、しないようにお布団をかけてねよう。

 

 

 

猫になりたい

猫になりたい。

どの猫かというと、憧れであり私が尊敬している彼がインスタグラムに載せた動画の猫。

彼の魅力的な手に撫で回されている猫になりたい。

 

こんなこと恥ずかしすぎて誰にも言えないし言うつもりもなかったのだけれど、

 

最近の私はおかしいため、

 

彼にそれを伝えてしまった。

 

いい加減にしろよ私。。。

 

困らせてしまったとおもう。

 

クラスメイトだったころから、隣の席だった時も、いつも手にドキドキしていた。

 

手フェチなんでしょうね。

 

この手と私の手を繋いだらどんな感じなんだろう。

 

この手に撫でられたらどんなかんじなんだろう。

 

触りたい触りたい

 

そう思っていた。

 

ちがう、ちがうと思ったので編集します。

手だけじゃあないんです。

彼の文章、使うことば、声、触らされた腹筋、首元、

いろんなところにきゅんとしていた。

 

それを思い出した。

 

思い出してはいけなかった。

 

 

 

 

 

確実に変態。それは自覚している。

 

バレないように必死だった。

 

結局その願いは叶わずに彼とお別れをしてしまった。

 

ざんねんだ。

 

恋愛感情ではないと思うんだ。

 

彼の何を知っているかというと、内面は全然わからない。

 

一緒に下校したこともあったし、クラスの女子ではかなり仲良いほうだったとは思うが、少し話すだけで緊張するしドキドキするので話さないようにしていた。

 

どちらかというと、

女の子をいやらしい目で見る男子大学生みたいなかんじ。

 

男子かよ…

 

そう、確実にいやらしい目で見ていた。

 

ごめんなさい。

 

タイプだったんですよ。

 

 

それを本人に伝えてしまうとは、

 

私はどうしてしまったのだろう。

 

まあどうせもう会うこともないし、まあいいか、それくらいの軽い気持ちだし

 

何も後先考えない楽観的で行動的な私の性格なんだとおもう。

 

まあそんな感じで際どい会話を延々としている私たちだ。

 

 

はい。

 

 

 

浮気はしないよ。

浮気だめ絶対。

だめ絶対。

 

 

二十九、三十

二十九、三十

 

明日の朝恥ずかしくなるいつものやつだとしても

 

ずっと今まで言えなかったけど

 

ならいえる

 

 

 

明日の朝恥ずかしくなる、そうだね、いっつもそう。

 

 

 

アイドルのイベントに参戦

本日はX21というオスカープロモーション所属のアイドルのイベント(握手会含むライブ)に参戦してきた。

 

これは3回目だ。

 

もともとは今の彼が好きで、私も彼が好きなものを知りたくて近づきたくて仲良くなりたくて調べていたら、

 

なぜか私もどハマりしました。

 

すごく好きになってしまいました。

 

前の2回は彼と行きました。

付き合う前です。

 

なんでもよかったんです。

少しでもそばに居たかったんです笑

 

あの時は散々な扱いされて、

目の前にいる同い年のアイドルに対してかわいいかわいい言う彼をみて心の中でものすごく落ち込んでいました。

 

付き合ってから、彼はアイドルの話はもちろん、すべての女の子の話をしなくなりました。私が嫉妬深いことをよく理解しているのですね。

 

それから一緒に行くことはなく、

私もなかなか行く機会が得られず、

 

本日、約2年ぶりに行ってきました。

 

ヲタを辞めたわけではなく、

ずっと自宅のパソコンやスマートフォンから応援していました。

 

ツイッターでリプも欠かさず送っていました。

おじさまたちに負けたくないですね。

 

今日は同い年の女の子ということで強く印象づけることができたと思う。

覚えてもらえていたのは嬉しかった。

またすぐ会いに行くと伝えた。

 

会えるアイドルの何がいいかと言いますと、

会話を楽しむことができ、身近に感じることができる。

 

私としては、自分磨きをしようという気になったり、私も綺麗になりたいという自意識の向上が促進されるというメリットもある。

 

脚が細くて綺麗な子ばかり。

私もそうなりたい。

 

顔が小さくて目がぱっちり。

 

ああなりたい。

 

そう思った。

 

アイドルヲタの彼氏には物足りないのではないだろうか。

 

まあ比べやしないか。

 

 

とりあえず夏バテから一瞬だけ抜け出せた時間でした。

 

こんにちは夏バテ。またよろしく。

 

 

 

夏だよ!!

夏だよ!!

  • X21
  • J-Pop
  • ¥250

 

 

 

 

 

下書き保存されたままの記事

f:id:mi_o8150126:20170811014552p:image

 

公開するほどの価値がない記事ばかり。

 

書いてはやめて書いてはやめての繰り返し。

 

憧れのあの人に近づいてしまって、

尊敬していることが、ファンなことが伝わってしまって、

 

距離感が変わってしまった気がする。

 

大失敗だ。

 

最近の私は何かおかしい。

 

友人の男子に、「発情期なの?」と言われた。

 

今思えばそうなのかもしれない。

 

動物的なのですかね。

 

最近の私は言動がおかしすぎる。

 

思い切った行動をしすぎだ。

 

憧れのあの人に連絡をしてしまうなんて。

 

私のために文字を打ってくれる。

会話をするだけで、文章1つ1つが綺麗で魅力的でとても楽しかった。

声は優しくてとても良い眠りができる声をしている。

 

ツイッターで人気者な彼。

 

当たり前だ。

 

それくらいの魅力がある。

 

そのことに本人は気づいていないようだ。

 

発情期が終わったら元の私に戻れるだろうか。

全てなかったことにしたい

 

そう思いながら雨に打たれて帰りました。

 

 

パパ活 潜入調査してみた

なんて危険なことをするんだ!

と思いますよね。

自分でも思いました。

暇すぎて笑笑

バカなことをしましたよ

 

そしてパパ活大失敗

 

1円も収入は得られず、そして交通費と言う名の支出があり、

ただで夕食はいただけましたが、純粋な私の唇が強引に奪われたため±0です。

いや、むしろマイナスです。

 

経営者?年収1000万円以上?

そういう人ほどケチなのではないかと私は感じた。

 

こんな年下を本気で恋愛対象にして、「好きになってしまった、本気でお付き合いを考えて欲しい」といった43歳独身。

 

非常に致命的だと感じた。

 

あなたにプライドはないのですか?

 

いくら若い女なら誰でもいいとしてもそれはないんじゃないですか?

 

ホテル街をウロついてるな危ないなと思っていたら強引に引っ張って入ろうとするなんて汚いですね。

 

入りませんでしたけど。

 

キスが下手でしたね。

いったいどんな恋愛をしてきたのでしょうか。

 

仕事ばっかりしてきたのですかね。

お疲れ様です。

 

人として悪いとは思わないし否定もしないけれど、

パパ活のサイトに登録しておきながら、パパ活というものを知らず、

ご飯だけでお金をもらえると思っている女の子が登録しているサイトということを私から教わって初めて知るという…

 

まあ驚きましたね。

 

彼もショックを受けている顔でした。

 

世をもっと知って欲しい。

 

こんなちょろいおじさまに興味はないので、そしてお金もくれなさそうなので早めに帰りました。

 

私のチョイスが悪かったらしく、初のパパは本当の恋人を探す方で、パパになりたいわけではない方でした。

 

50代の既婚者でうん億円の資産を持っている方なら、パパになってくれる可能性があると思います。

 

資産が5000万ほどで未婚は危険です。

 

 

こんな調査を平気でしてしまう私は人間としてどうなのだろうと

 

帰りの電車で半泣きになりながら考えていました。

 

正面の座席に座っているお兄さんが心配そうな顔でこちらをみていました。

 

私は何か思い立ったらすぐ行動をしてしまうのですが、それがこういう危険な行動の場合もあり、

 

そろそろやめなければと思っている。

 

結局は自分が傷つき、嫌な気分になり、

社会が、世の中がさらに汚いものに思えて人生に希望を持てなくなってしまう。

そして汚れた自分がさらに嫌になりまた価値が下がったような気がする。

実際にそうなのかもしれない。

もともと価値はないのかもしれない。

 

左手薬指に指輪をはめているスーツを着た会社員のおじさまがみんな不倫をしているように見えてしまう。

 

そんな病気にかかっています。

 

とりあえず、スーツを着た会社員にはしばらく怖くて近づくのも嫌というくらい疲れました。

 

はじめはいい子のフリをして好かれようと演技をしまくったから、最後にお別れをするのが大変だった。

 

やはり私は悪女なのでしょうか。

 

汚い人間ですね。

 

本当に頭が悪いなと思う。

 

まあまた経験から学ぶことができたし、おじさんはどういうことに喜ぶかということも学べたので面白かったというポジティブな考えで終わらせることにする。

 

結論、

 

 

パパ活はオススメしない。

相当自分の顔に自信があり、おじさまにも優しくする地下アイドル並みの心の広さをもっている方でしたらどうぞ試してみてください。

 

私には向いていないことがわかったので今すぐサイトを退会したいと思います。

 

きちんと働きましょう。

まだ風俗の方がいいと思います。

 

こんなくだらないブログ書いていないで、もっと普通の平和な日常の日記のようなブログを書こうと思います。

 

読まないことをオススメします。

 

おやすみなさい。

 

私の小さくて大きな改革(1)

どうも、自分の誕生日を迎えるのが怖い女子大生です。

 

それについてはまた今度ブログに書くので今は触れません。

 

こんなへたくそでとても皆さんに公開できないような文章を書いている私ですが、やはり多くの人に私の文章を読んでほしいとどこかで思っている。

 

小さなころから自分の感情を表現するのが下手で、現在でも本当に思っていることはいつも胸の内に秘めていつもへらへら笑っているがそろそろそんな生活に、人生に嫌気がさしてきた。

 

気持ち悪いくらいに、思っていることとは真逆のことを口にし、本当の感情と真逆の表情をしたりする。当たり前のように無意識にしてしまう。

でもやはりそれは非常に疲れるらしい。

本当の私がそう訴えている。

 

まだ、本当の気持ちや思いを口にし、自己主張することは私にとっては困難で非常に怖いと感じることなため、このブログで少しずつ本当の自分を出しまずは自分が見つめ、さらに認めてあげられるようになろうと思う。

 

これからも生きていくつもりがあるなら少しでも楽な生き方を選びたいから笑

 

さっきも言ったが、私は自己主張が下手だ。

”コミュニケーション力があり誰とでも仲良くなれる”とよく褒められる。

”話が合うから話していて楽しい”とよく言われる。

 

そんなの当たり前だ。

 

私が嫌だと思っていても合わないと感じていても合わせているからだ。

相手が楽しいと感じるようにふるまっているからだ。

 

もう一度言うがこれは今になってほぼ無意識だ。

 

元は、好かれたくて八方美人をしていたのだろうが、今では別に好かれたくもない苦手な人にまでそうふるまってしまう。

 

私はこんな自分が本当に大嫌いだ。

 

なんだか人を見下して騙して馬鹿にしているような気になってくる。

 

本当にそうなのかもしれない。

 

なんて失礼な奴なんだろう。

 

最近では、好きでもない男にストーカーチックなことをされることもあり支障が大きく出てきたため本気で改善しようと試みている。

 

なぜにこにこして愛想を振りまいてしまうのだろうか。

 

そしてドッと疲れてしまう。

 

第一ステップとして、「嫌だとおもったら嫌と伝える」ことから始めることにする。

 

いま、私には惚れて2年になる彼がいる。なのに、違う男にしつこくされている。

 

私の隙の多さと、中途半端に愛想を振りまいて優しくし、勘違いをさせてしまう性格が原因だろう。

さらに、嫌だと拒否することが苦手で、できないに等しいほど苦手な性格、それもこんな状況を招いてしまっている原因だろう。

 

その男に、迷惑だ、怖いからやめてくれ、そう伝える、それが第一ステップだ。

 

本当に私にとってはそんな簡単なことができない。

 

相手の反応を想定しては怖くなってしまうのだ。

 

自分がだれかを傷つけてしまうのが怖くて逃げている。

 

しかし私の中途半端さにより結局は傷つけてしまっている。

 

そろそろ立ち向かおうと思う。

 

もういい子でみんなに優しくていつも明るくへらへらしてる私をやめたいから

 

少しずつ変えていく。

 

本当は真っ黒なことを考えていて口が悪くてネガティブでメンヘラで泣き虫な私を知られるのがすごく怖いけれど、

 

本当の私を知る人がだれもいない世界で生きている今は

 

本当に孤独で、誰にも見てもらえていなくて、存在を知られていない

 

そんな虚しい気持ちでいっぱい。

 

 

せっかくの長い大学生の夏休みだから、いろんなことに挑戦したい。

 

自分の成長過程をたまにここに記していきたいと思う。

 

こうやっているそばからLINEが来た。

ブロックや無視をしたが逆効果で、会いに来てしまった。こわい。

はっきり言わなきゃわからないと、、、めんどくさい男だ。

 

本当に苦手でしかないタイプだし自分に酔っているだけで女なら誰でもいいくせに少し優しくされたからって私に執着してくるなんてほんとうに気持ち悪い。

 

 

そう、にこにこしながら心の中でこんな毒を吐いているのだからわたしみたいな人間1番気持ち悪いと思う。

 

 

こんな気持ち悪い私の日記を読んでくれたあなたは非常に心が広いです。

 

 

カフェオレおいしい

 

 

 

 

8ミリフィルム

8ミリフィルム

  • アカシック
  • J-Pop
  • ¥250

 

 

最近ハマってる曲です。

 

1人でフェスとかライブとか行っちゃう系女子大生。

 

ちがう、一緒に行く人いないだけ。